" /> 朝の勉強会の拡充について – 鶴見区・豊中市の個別指導塾

朝の勉強会の拡充について

早起きは10点のトク

 

2009年開校以来、
暁塾は定期テストの朝の勉強会を
7時から8時まで行ってきました。

朝早く起きて塾で勉強すれば、
スッキリした状態で臨めるので
毎回来る子と来ない子では
おのずと成績に開きが出来てきます。

定期テストは一年間に5回あり、
一回で2日間から3日間あるのですから
他人より

12時間から15時間程度多く
勉強していることになります。

それだけ勉強すれば
成績が上がらないはずはありません。

生活習慣もすこぶるいいものになります。

私自身の勉強や仕事の時間にも費やせるので
当面、鶴見校は平日は毎日行います。

豊中校は3月から開校しますが、
豊中校でも朝の勉強会の希望があれば、
始めたいと思います。

オンライン上でいろいろな生徒同士と私が
一緒に画面上で勉強するのもいいかもしれません。

勉強する環境はある程度整っているのですから
それを生かすも殺すも本人次第です。
馬を水飲み場に連れていくことはできるけれど、
馬に水を飲ませることはできないというのですから。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
受験勉強法
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
鶴見区・豊中市の個別指導塾
タイトルとURLをコピーしました