" /> 英語が50点上がりました – 鶴見区・豊中市の個別指導塾

英語が50点上がりました

本人は点数が上がった喜んでいましたが、
私にしてみると
当たらずとも遠からずといった結果になりました。

入塾後3ヶ月ほどの時間を暁塾に委ねてもらえれば
結構点数が上がります。

しかし、生徒によって今までの勉強の仕方で
凝り固まっているとその垢を落とすのが大変です。

手洗いでダメなら、
水洗い、それでもダメなら石鹸を。
洗剤を使ったり、といったところです。

教え方は一律ではありませんので、
熟練の技が必要だと自負していますが、
生徒側の意欲との両輪で
暁塾に来た生徒の多くは
一般的な塾と比較してかなり成績が上がります。
ここ一年は特にその傾向が顕著です。

50点点数が上がるということは、
これまでは問題の半分以上がわかっていなかったということです。
それが今では得意とはいわないでも
学校の先生のお話も理解できるようになっていることでしょう。

見るのも嫌だった食べ物を
ホンの少し口で齧ることの出来るようになったところでしょうか。

新学年の一度目の定期テストが5月にあるので、
そこでさらに点数を伸ばせるか
はたまた横ばいか
右肩下がりになるかで
その後のおおよその得点推移が予想できますが、
まだ勉強の仕方に改善の余地があります。

片道45分歩いて塾にやって来る根性が
結果を引き寄せましたね。

暁塾はユーチューブもアップしていますので、
お時間のある方はどうぞご覧ください。

 

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
受験勉強法
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
鶴見区・豊中市の個別指導塾
タイトルとURLをコピーしました