" /> チェックシート始めました – 大阪市鶴見区個別指導塾

チェックシート始めました

〇チェックシート

チェックシートを作って生徒の目の前で

マルをつけ始めたところ、

小テストの報告や

塾や学校の宿題をすることが

徹底されるようになってきました。

今後、生徒と保護者の方がいつでも見られるように共有します(準備中です)。

成績がいいからポイントがつくわけではなく、きっちりしているかどうかでポイントをつけているので、真面目にすれば、それだけで少なくとも

一日4~5ポイントは増えます。

〇定期テストの勉強について

①教科書の音読(国、英)、

②学校のノートとプリントの問題を解き直す。

③塾で解いた問題を解き直す。

④学校のワークブックを解き直す。

⑤テスト範囲で塾の問題集を解いていなければ解く。

定期テストで一桁から平均点プラス十点までの生徒はアレコレ手を出さずに、1~4を何回もしましょう。

点数のいい人は、

周りから『ガリ勉』だと思われるのが、イヤで言わないだけで、

テスト前などは特に

学校から家に着くと

ずっと勉強しています。

同じくらいの学力の人が目指す先の

学校は同じなのですから、

そのなかで一生懸命勉強する人と

しない人との間で差がつきます。

〇鶴見教室掃除中です。

本棚を移動し、前よりも

ゆったりと座れるようにしました。

将棋

7手詰の詰将棋がスラスラ解けるようになれば初段が目の前です。

〇オススメの本は『将棋世界』という雑誌です。月刊誌で最新情報が載っているので買ったことがないのなら1度手に取ってみてください。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
インタビュー
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
大阪市鶴見区個別指導塾
タイトルとURLをコピーしました