" /> 暁賞の景品は – 大阪市鶴見区個別指導塾

暁賞の景品は

良かれと思い、暁賞の景品としてオリジナルうまい棒を渡し始めましたが、ビミョーな空気が流れます。普通のうまい棒より数倍高いので大切にしてください。
暁塾うまい棒https://youtube.com/shorts/nI-RaHP93mk?feature=share

〇中高生に自習室として開放します。
暁塾は11月初旬(予定)より暁塾を自習室として開放します。

当面、
土・日曜日の9時~21時30分、
水曜日17時~21時30分を利用可能時間とし、入室時にICカードを利用してもらいます。

成績を上げるのに必要なことは勉強することですが、家では集中出来ないと耳にすることもありますし、ずっと勉強していると場所を変えて気分転換したくなることもあるでしょう。
自習時間を設けるのもその一環です。
念のため、防犯カメラを複数台設置します。
一応、書き添えておきますが、暁塾生以外の入室や塾に置いている本や机椅子等備品の破損、盗難があれば、撮影しているのでわかりますし、全額請求することになりますので気をつけてください。

費用ですが、しばらく無料にします。
帰る前は、次の人のために机の上をきれいにしてから帰ってください。

〇計画表をつくりましょう
学校のテスト勉強は2週間前くらいから始めれば、余裕を持って本番に臨めます。参考までに私が中学生の時につくっていた計画表のイメージをアップしておきます。まだつくっている途中ですが。

〇トイレの便座を交換中です。
〇チェックシートの御連絡はまだ途中です。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
インタビュー
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
大阪市鶴見区個別指導塾
タイトルとURLをコピーしました