fbpx

学校の懇談でショックを受けないでください

少し時期が違いますが、以前暁塾でおたよりを出したものになります。

7月の懇談でショックを受けないでください。

「志望校に受かりますか?」
「いや~今のままでは厳しいです」
「どうしたらいいですか?」
とショックのあまり、
御相談に見える方がいらっしゃいます。
しかし、担任の先生が
ハッパをかけている場合も少なくありません。
この時期に「この調子なら合格します」と言われることは余程のことがないとありません。

意地の悪いモノの見方をすれば
合格が確実な高校を受験してもらったほうが
不合格になる可能性のある高校を受験するよりも
先生としては安心感を得られます。
先生からしてみると、
「もっと頑張らないと合格しません」と言っておけば万一不合格だった場合、
生徒側からの責任を免れる保険になります。

高校生は中学生と違い、選択肢は多いので自分で進路を決める必要があります。そして模試の結果は中学生の時の模試よりも不確かであまりアテにはなりません。

ただ、本当に今の状況では
到底合格が見込めない場合もあります。
もし判断がつきかねる場合は
山本まで御連絡ください。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
受験
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
大阪市鶴見区個別指導塾
タイトルとURLをコピーしました