即席で先生の出来上がり

即席で先生の出来上がり

まさか塾をすることになろうとは
始める直前まで思ってもいませんでした。
目の前の相手がまさか
将来のパートナーになるなんて
思ってもみなかったというのと
似ているのかもしれません。

きっかけは今から10年ほど前になります。
その頃、私は
『ハイQ』という
直木賞作家であり、経済評論家でもあった
邱永漢先生が主宰されていた場で
コラムを連載するという
貴重な経験をさせていただいていました。

その時は自尊心も多少くすぐられ

満更でもありませんでしたが、
連載が終了すると、
一体この先どうしたものかと
真剣に考えざるを得なくなっていたのです。

というのも、当時私は
これといった定職に就いていなかったからです。
かといって、目立った腕がなければ、
転職すればするほど待遇は悪くなるばかりと、
経験済みだったので、
こうなれば自分で商売するしかないと
思うようになっていました。
今から考えるとこれも邱先生の影響だったのでしょうか。

しかし、お金もなければ、資格もありません。
男なら独立自営について一度は考えると思いますが、
誰しもがその道を歩かないのは、
この部分がネックになっている所為ではないでしょう
か?

私の場合、解決のカギはアルバイトにありました。
当時、家庭教師の掛け持ちで生計を立てていたのです。
30歳にもなって一体何をしているんだろうか、と
我ながら情けなくなることもありましたが、
その経験が役に立ったのですから
何がいいのか悪いのかわかったものではありません。

何しろ、ゼロとは言わないけれど
他の商売と比べると元手はそれほどかかりません。
必要なのは、多少の知識と
子供受けしそうな雰囲気を持っているかどうかです。
そこで、私は鏡で自分の顔を眺めてみました。
こんなことがなければマジマジと見ることはありません。
男前でもなく、ブサイクでもなく、丁度いいくらいでした。
そして「この顔なら大丈夫」
と自分に言い聞かせてからは早かったです。
3カ月もしないうちに1人の先生が出来上がりました。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法をメール講座として整理し
無料で公開することにしました。

題して、『暁式・将棋式勉強法』です。
下の画像をクリックして、詳細をご覧ください。





暁塾の歴史
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
大阪市鶴見区学習塾なら暁塾

コメント

タイトルとURLをコピーしました