新指導方針5箇条

将来の方向性を決めようとする時、
人生の持ち時間が長いうちは
思い悩む時間が長くなりがちです。
塾選びもその一つかもしれません。

よく考えてみると、
皆さん、こんな小さい塾に
よくお子様を信用して
預けてくださっているものと思います。

そして、フツーの人間なのに、
よくも厚かましくもセンセーと言われて
平気な顔でやっている私と言うのも
けったいな奴だと自分で思います。

まあ、その分私も期待に応えられるように
頑張るしかありませんが、
指導方針を変えた大きなポイントは
いくつかあります。
①勉強のスピードアップ
②生徒間に競争意識を持ち込む、
③暗記をするタイミングを変える
④学校の問題は基本的に家でやってもらう
⑤優しすぎると親御さんから言われることもあった私が
クチうるさいと思われるくらいになるよう人格を変えた。
※変えようとしています

まあ、これも自分が子供時代に
大好きだった将棋の勉強を取り込みながら
工夫した結果なのですが、
きっと他の塾はマネできないので、
井の中の暁塾、大きな塾を知らずということで
この1年はガチでやっていこうと思います。

最初はお互いに慣れない点もあるでしょうが、
オンラインもうまく採り入れると
成績が下がるということもないようです。
寧ろ点数が上がるとさえ考えています。
本当に成績を上げたい人は
暁塾の門を叩いてください。

英語の点数を上げたい人、
英検の勉強をしたい人は来てください。

一人ずつ勉強を見てきたので、
どういうところで生徒が引っかかるのか、
客観的に見て
私は他の人よりよく知っていると思います。

所謂先生と呼ばれるような
他の賢い先生方ははよく出来るので
生徒たちがどうして間違えているのか
わからないし、
一般的に大手塾の先生と呼ばれる人は
大学生のアルバイトの先生なので、
本当に間違いやすいクセを
知っているかどうかで言えば、
暁塾は決して大手塾には負けないと思っています。

もし中学3年生で
勉強に行き詰っている人がいたり、
中学生になったばかりで
英語を勉強したい人がいれば来てください。
ヨソの英会話教室や学習塾と違って
他の塾で半年から1年かかる内容を
暁塾では1か月から3か月で
出来るようになると思います。

ただし、漢字の読み書きが
出来ることが必要です。

暁塾の指導方法を公開しています

「成績が上がりました」
そう言ってくれる生徒は
今までたくさんいましたが、
塾の役目は成績を上げることなので
私は当たり前のことだと思っていました。

しかし長年塾をやっていると、
どうやら他の塾とはちょっと違う指導方法で
成果を出しているということに気づきました。

それならきっと、暁塾の方法をきっかけにして
成績が伸びる子がたくさんいるはず。

今まで暁塾は近隣の学生だけを生徒にとってきましたが、
一人でも多くの子供たちに
成績向上のコツを知ってもらうため、
暁塾の指導方法を整理して
今後、こちらのホームページで公開することにしました。

記事を徐々にアップします。
受験勉強法
大阪府立生野高等学校卒業関西大学商学部卒業

大阪府立生野高等学校卒業後、関西大学商学部入学。
直木賞作家邱永漢先生主宰のハイQコラムに
『カッコのいい人、こんな人』を連載。
2009年大阪市鶴見区にて暁塾開校。
中学生まで熱中した将棋熱が再燃し、
2018年『暁将棋部屋』刊行。
そのお祝いとして『塀の中の懲りない面々』の
安部譲二先生から寄稿文をいただく。
趣味は将棋(アマ五段)と読書
(好きな作家は邱永漢先生、安部譲二先生、菊池寛先生、
サマセット・モーム)

山本理(暁塾塾長)をフォローする
山本理(暁塾塾長)をフォローする
大阪市鶴見区学習塾の暁塾

コメント

タイトルとURLをコピーしました